不動産売却前に知っておきたい不動産担保ローンの存在

ageru

戸建て住宅やマンションなど、不動産物件をお持ちの方がいますが、購入後に不動産売却を考える方もいます。その理由に関しては人によって様々な内容があり、住み替えを希望している方や、資金的な部分で売却を行って、まとまった資金を得ることを望む方もいます。不動産売却に関しては複数の不動産会社に査定を依頼する方法で高い価格で売却することはできますが、不動産売却前には現状として把握していおくことが求められる内容も出てきます。その中には不動産担保ローンというものがあり、銀行などによって利用できることになります。実際に提供されている不動産担保ローンの場合では、名称通りに所有する不動産を担保に入れて、資金を借りる方法です。

基本的には保証人などを必要としていないことや、借りたお金に関しては自由な使い方を行うことができるメリットなどもあり、金利も低金利で利用することもでき、使い勝手の良いローンとしても用いられています。限度額などは最高額で1億円程度の設定も見ることができますが、各金融機関で限度額は変わることになり、例えば物件の7割程度の価値を限度額にしている場合も見られます。不動産担保ローンを利用している方が、不動産売却を希望した際には、その是非について問われることがあります。この件に関しては実際には不動産売却を行うことは不可能ではありません。

ただし、抵当権が住宅に設定されていることから、金利を含めた残債を全て返済することが求められています。即ち既に返済の目途が立っている方ならば、問題は生じないことになり、返済中であっても売却した利益によって残債を完済できる場合でも問題なく不動産売却を進めることができます。ところが、中には売却益でも返済を済ませることができない場合も見られます。この場合では金融機関と話し合いを行うことも良い方法になりますが、残債額によってはキャッシングなどを利用して、一時的に支払いを済ませる方法もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>